トピックス


漫画家の萩尾望都先生がメディア表現領域の客員教授に御就任されました!

メディア表現領域では、漫画家の萩尾望都先生を客員教授としてお迎え致しました。萩尾望都先生は長い間、少女漫画で幅広いジャンルの作品を発表されてこられた日本漫画界を代表する漫画家です。萩尾先生の作品は漫画ファンだけではなく広く多くの文化人からも高い評価を受けておられます。昨年は、アメリカで開催されたコミコン・インターナショナルにおいて手塚治氏や宮崎駿氏も受賞したインクポット賞を受賞されました。そして、今年5月には第40会日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞されるなど大御活躍中です。

萩尾望都先生

萩尾望都先生のプロフィール

1949(昭和24)年5月12日生まれ
福岡県大牟田市出身
日本SFクラブ 日本漫画家協会に所属。
主な作品『ポーの一族』SF作品『11人いる!』『トーマの心臓』
『半神』『イグアナの娘』『マージナル』『メッシュ』

1976年『ポーの一族』、SF作品『11人いる!』で第21回小学館漫画賞受賞
1997年『残酷な神が支配する』第一回手塚治虫文化賞漫画優秀賞
2006年『バルバラ異界』大27回日本SF大賞
2010年アメリカ-サンディエゴ-コミコン・インターナショナルでインクポット賞受賞
2011年日本漫画家協会賞(2011年度)第40回 文部科学大臣賞 受賞
現在小学館フラワーズで『ここではない・どこか』のシリーズを不定期連載中

萩尾望都先生の作品

萩尾望都先生の作品

萩尾望都先生の作品
刊行 小学館 集英社 講談社

もどる

領域・授業概要学生作品ギャラリー在校生の今卒業生紹介教員紹介プロジェクト