現在への起点

-女子美版画収蔵作品を中心に-

 

展覧会概要

 

この度、女子美術大学美術館では収蔵作品と本学版画専攻を卒業した7組の作家による展覧会「現在への起点 -女子美版画収蔵作品を中心に-」を開催いたします。
 当館では開館から現在に至るまで、優秀な卒業制作、修了制作作品の収蔵を続けています。その中から本展では、1979(昭和54)年〜2009(平成21)年までの30年間に渡り、美術館に収蔵されてきた版画作品と、本学の版画研究室で所蔵する作品をあわせて約20点公開いたします。

 

会 期 2018年4月18日(水)~5月26日(土)

休 館 日曜・祝日

時 間 10:00−17:00(入館は16:30まで)

入館料 無料

 

関連イベント

 

木版画ワークショップ

講師 : 彦坂有紀、もりといずみ

日時 : 4月21日(土)
①午前の回(10:30~12:00)
②午後の回(14:00~15:30)

※定員に達したため申し込み受付を終了します。沢山のお申し込みをありがとうございました。

内容 : パンをモチーフにした簡単な刷りだけの木版画ワークショップ。

定員 : 各回30名 *定員になり次第、締切といたします

参加費 : 500円 対象年齢 : 3歳~大人まで。
※未就学児~小学3年生のお子様は保護者同伴

持ち物 : エプロン 
会場 : 女子美術大学相模原キャンパス10号館1階 1011スタジオ