女子美術大学・ラフバラ大学交流展覧会

オリンピックと文化:過去・現在・未来・つながり

Joint Exhibition of Joshibi University of Art and Design, and Loughborough University: Olympics and Culture - Tracings, Projections, and Intersections

 

English information follows.

 

展覧会概要

 

会 期 2018年7月4日(水)~8月1日(水)

休 館 日曜日・祝日

          ※特別開館7月15日(日)、7月16日(日・祝)

時 間 10:00−17:00(入館は16:30まで)

          ※7月15日(日)18:00まで特別開館

入館料 無料


出展アーティスト

<女子美術大学教員>

阿部大介、荒姿寿、伊勢克也、林規章、

福士朋子、デニス リンダ、渡部直也

 

<ラフバラ大学教員>

アキウォウォ ケリー、ウェルズ ポール、エイクマン ニック、

ギャンブルシュウォーツ ポーラ + パラドゥ キャロル、

ジョンソン リチャード、スタジオ オブ ライト、

セルビー アンドリュー、ヤング ロレイン


本プロジェクトは、2012年にロンドンオリンピック・パラリンピックの開催に大きく貢献したイギリスのラフバラ大学と、2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催国となる日本の女子美術大学が、「オリンピックと文化」をつながりのポイントとしてテーマに据え、両大学の教員(アーティスト)がテーマについて研究・制作を行った上で2018年夏に女子美術大学で交流展覧会および研究シンポジウムを実施するものです。オリンピックとパラリンピックの価値をアートの分野でどのように生かせるかを考えながら、異なる国の大学や個人がそれぞれの個という単位を超えて考え活動する方法を提案し、アートにおける国際的なコラボレーションを促すことを目指しています。

このプロジェクトの第1部は女子美術大学相模原キャンパス(神奈川)にて展示とシンポジウムを実施し、第2部は2019年にロンドンにて引き続き展示とシンポジウムを開催予定です。

 

関連イベント

 

アーティストトークリレー

 

会場:女子美アートミュージアム

 

1.日時:2018年7月24日(火)  13:20〜14:50

スタジオ オブ ライト

阿部大介
荒 姿寿

福士朋子

デニス リンダ

 

2.日時:2018年7月27日(金)  13:20〜14:50

セルビー アンドリュー

渡部直也

ウェルズ ポール

伊勢克也
林 規章

 

 

シンポジウム

女子美術大学・ラフバラ大学リサーチシンポジウム

~オリンピックと文化:過去・現在・未来・つながり~

 

会場:1011スタジオ
日時:2018年7月25日(水)   15:00〜18:00

 

コーディネーター: 原聖(女子美術大学)

パネリスト: 関直子(女子美術大学)

ウェルズ ポール(ラフバラ大学) ハウ デヴィッド(ラフバラ大学)


Exhibition:Joint Exhibition of Joshibi University of Art and Design, and Loughborough University: Olympics and Culture - Tracings, Projections, and Intersections

In this research project, academics of Joshibi University of Art and Design and Loughborough University focused on points of intersection of “Olympics and Culture”, inspired by the 2012 Olympics and Paralympics held in the UK, and the 2020 Olympics and Paralympics soon to be held in Japan. Artists and researchers of both institutions conducted collaborative research and exchanged ideas to consider ways of thinking and working beyond individual units, as universities and individuals from different countries. The project aimed at the fostering of international collaboration in the field of the arts as well as increased exchange and consolidated understanding born out of focused and shared research between two universities. This exhibition is the result of the project. Approximately eight academics from each institution will exhibit a variety of works based on the exhibition theme.

The first part of this project is an exhibition and symposium held at Joshibi University of Art and Design’s Sagamihara campus in Kanagawa, Japan, with the second iteration of the project bringing the exhibition and symposium to London, UK in 2019.

 

Joint Research Project of Joshibi University of Art and Design, and Loughborough University: Olympics and Culture - Tracings, Projections, and Intersections

 

Dates: 4th July – 1st August 2018


Location: Joshibi Art Museum,
Sagamihara Campus, Joshibi University of Art and Design, Japan

 

Exhibitors:

<Joshibi University of Art and Design>

ABE Daisuke, ARA Shizu, ISE Katsuya, HAYASHI Noriaki,FUKUSHI Tomoko, DENNIS Linda,

WATABE Naoya

<Loughborough University>
AKIWOWO Kerri, WELLS Paul, AIKMAN Nick, GAMBLE-SCHWARZ Paula + PAIRAUDEAU Carol, JOHNSON Richard, Studio of Light, SELBY Andrew, YOUNG Lorraine

 

Artist Talk Relay 1

Tue. 24th July  /13:20〜14:50

Studio of Light

ABE Daisuke
ARA Shizu

FUKUSHI Tomoko

DENNIS Linda

 

Artist Talk Relay 2

Fri. 27th July  /13:20〜14:50

SELBY Andrew

WATABE Naoya

WELLS Paul
ISE Katsuya

HAYASHI Noriaki

 

Symposium: Research Symposium of Joshibi University of Art and Design, and Loughborough University: Olympics and Culture - Tracings, Projections, and Intersections
Date: 25th July 2018  /15:00〜18:00

Coordinator:

HARA Kiyoshi
Joshibi University of Art and Design

Panelists:

SEKI Naoko
(Joshibi University of Art and Design)

WELLS Paul (Loughborough University)

HOWE David (Loughborough University)

Location: Sagamihara Campus, Joshibi University of Art and Design, Japan