女子美術大学研究所で取組む案件について

受託研究/共同研究

 受託研究・共同研究は、女子美術大学が外部の諸機関との間で締結する契約に基づいて実施する研究です。民間企業や公共団体、地方自治体等からご依頼いただく、デザイン開発や製品開発、文化財保護・修復等の様々な案件に取組んでいます。

お引き受けフロー

1.案件のご相談

本学研究所事務担当者が、企業等の委託者様よりご希望の研究事業の概要をおうかがいします。

2.受託および研究担当者の決定

お預かりした案件の受託の諾否および研究担当者について、研究所長が研究所運営委員会に諮った上で学長が決定します。

3.具体的内容の確認

企業様等と研究者・教員との間で以下のような具体的内容の確認を行っていただきます。
 ・ご希望の予算額
 ・納期までのスケジュールの確認
 ・権利関係の整理  等

4.見積書の作成

おうかがいした内容を精査し、費用を積算の上、見積書をご提示します。

5.契約の締結

見積書の内容についてご承諾いただければ、委託者様と本学理事長との間で受託契約を締結していただきます。

6.案件の進捗

契約後は、企業様等と研究担当者とで直接やりとりしていただきながら、案件を進めます。

7.納品

納期までに、ご指定の納品形式にて納品します。

8.お支払い

お支払い額を、原則納品後1ヶ月以内に本学指定の口座にお振り込み下さい。
※案件によっては、予めお支払いただく場合があります。