立体アート専攻とは

About:立体アート専攻は、彫刻の枠を超えた立体造形を追及します
立体アート専攻は、彫刻の枠を超えた立体造形を追及します。
今、立体造形の分野では、多種多様な素材の新しい魅力を引き出し、
新たな空間芸術の世界を拓くことが期待されています。
粘土・紙・木・石・金属という基本素材の扱い方と表現方法を学び、手に触れたときの
感覚を大切にしながら、自分の思いを表現できる素材を見つけ出してください。
また、絵画、美術史、デザイン、環境論などの授業を通じてものを見る力や思考する力を養い、
芸術の本質と普遍性を探求し、新たな造形表現への挑戦をおこなっていきます。
自由に素材を扱い、組み合わせることができる力をつけ、豊かな感性と発想で、
思いを表現することによって、人の心を打つ作品が生まれるのです。

立体アート専攻カリキュラムについて

Curriculum:さまざまな素材と出会い
感性を磨きながら自由な発想をする
立体アート専攻では、芸術の本質を見据え、
彫刻という枠と従来の素材・様式などに捉われない独創的な
造形表現を追求できるカリキュラムを編成し、
立体造形に関する専門的な知識や高度な技術の上に、
豊かな感性と深い洞察力を有する人材を育成します。
1・2年次は立体造形で必要となる専門的な知識・技術における基礎的な理解を深める。
また、学科内他専攻の課題を体験し、 他ジャンルの芸術の表現方法や知識に触れ、感性を養います。
3年次からは粘土・紙・木・石・金属等の中から
各自が志望する素材を基に、専門性を高め、自己の表現を模索します。
4年次はそれまでに習得した専門知識と技術をもって独自の造形性を探求し、
集大成としての卒業作品を制作します。
  • 1年次
    1年次
    基礎を学び、
    素材を知る
    ・素材演習
    ・彫塑基礎Ⅰ
    ・絵画
  • 2年次
    2年次
    素材を体感し、
    カタチを考える
    ・素材実習
    ・立体基礎
    ・彫塑基礎Ⅱ
  • 3年次
    3年次
    知識・技術を深め、
    制作する
    ・塑造ⅠA , B
    ・紙ⅠA , B
    ・木ⅠA , B
    ・石ⅠA , B
    ・金属ⅠA , B
  • 4年次
    4年次
    大学生活の集大成
    ・塑造Ⅱ
    ・紙Ⅱ
    ・木Ⅱ
    ・石Ⅱ
    ・金属Ⅱ
    ・卒業制作
  • 大学院
    大学院
    さらなる
    創造・研究の世界へ

PICK UP

ジュエリー/スモールワーク/ブロンズ
身につけることが出来るような小さな立体作品を創作します。
小さな世界と大きな世界の両方を学ぶこで、表現の幅を広げます。

PICK UP